ネクステージのニュース

ネクステージのニュース

熊本城災害復旧支援金への寄付を開始!クルマを通じて復興支援。

ネクステージでは、この度、熊本店のグランドオープンに合せて熊本県下4店舗にて、2016年4月14日に発生した平成28年熊本地震の被災地の復興支援を目的に、売上金の一部を「熊本城災害復旧支援金」へ寄付を開始いたします。

 

寄付の理由について
ネクステージは2013年10月、熊本県第1号店として熊本市南区に 『ネクステージ熊本南軽自動車専門店』 を出店し、その後2015年7月、熊本市東区に 『ネクステージ熊本東SUV専門店』 と 『ネクステージ熊本東セダン・スポーツ専門店(現・ミニバン専門店)』 を出店、現在2拠点3店舗にて営業を行っております。そして2017年1月1日に熊本市南区に『ネクステージ熊本店』 がグランドオープンすることで、県内4店舗での営業となります。

 

ネクステージでは現在、車の販売から車の整備や車検、そして車の買取までトータルでお客様のカーライフをサポートする「総合店」に注力しており、現在全国に4店舗を展開しています。総合店では地域の皆様が車のことで何か困った時、トラブルや故障、修理や車検などで気軽に立ち寄っていただけるような店舗づくりを目指しています。

 

この度グランドオープンを迎える「ネクステージ熊本店」は総合店として、当初2016年10月に出店を予定していましたが、被災地の復興を優先すべきと判断し開店延期を決定いたしました。当時、開店延期を決定するにあたり、地震被害の大きさを改めて認識したと同時に、被災地で営業活動を行う1企業として、復興に対し出来ることは何かを考えるきっかけとなりました。

 

その後、「ネクステージ熊本店」の工事の再開と開店日が決定し、総合店を新たに開店させることの意味合いやネクステージとして地域に対して出来ること、取り組むべきことを考えた結果、国指定重要文化財に指定され熊本の象徴ともいえる熊本城の復興資金として「熊本県内4店舗で車両販売1台につき1,000円、車検整備1台につき500円を寄付する」こととし、これまで営業活動を支えてくださった社会や地域の方々への恩返しをすべきとの結論にいたりました。

 

ネクステージでは地域の方々に選んでいただけるサービスの拡充や店舗づくりを継続して取り組んでいくとともに、社員一人ひとりに対して地域貢献活動やボランティア活動を意識し参加する教育や仕組みづくりに積極的に取り組んでまいりたいと考えております。